グルメ

日経プラス1で全国2位の淡路島バーガーをご紹介

こんにちは。管理人のかたぴです。

 

先日は、テレビに出ていた兵庫県のハンバーガ屋を紹介したので、

今回は私の地元で超お勧めの『淡路島バーガー』のご紹介です。

(お店のホームページはこちら)

 

日経プラス1紙面のランキングにて全国2位を獲得したこともあります。

 

(淡路島バーガーを撮影した写真が見つかりませんでした。

次回食べたときに撮影しておきます。。。)

 

『淡路島バーガー』と言っても、ご紹介する店舗は兵庫県の淡路島にあるのではなく「兵庫県西宮市」にあります。

兵庫県のJR西宮駅より徒歩3分程の西宮東地方卸売市場の外れ。

西宮駅を南側から出て線路沿いに西へ3分。市場を突き抜けると店舗があります。

 

倉庫を改装した屋台風の味のある店構えです。

 

ポイント

営業時間 11:00~20:00

定休日 火曜日、水曜日

座席 6席

駐車場 5台

 

今でこそ、淡路島バーガーはご当地バーガーとして有名ですが、

私が初めて淡路島バーガーに出会った2007年は全くの無名で、

(2007年開店だそうです)

地元の魅力を紹介する雑誌で知りました。

 

淡路島バーガーの魅力は何といっても、

国産牛を粗挽きにして練り上げられた美味しいパテと

旨味がぎっしりと詰まったソースです。

 

とにかく旨味が凄くて、食べていて幸せになる美味しさです。

 

ハンバーガーはアルミホイルに包まれて渡されますが、

食べていると必ず、旨味たっぷりのソースがまみれでボトボトになります。

 

注意ポイント

アウトドアで食べるときは溢れ出るソースとの闘い、

手もソースまみれになることを覚悟してください(笑)

 

店舗で食べるときや自宅で食べるときは、

お皿の上で上手に食べてください。

 

淡路島バーガー単体での構成は、

「バンズ、パテ、トマト、レタス、ソース、マヨネーズ」となっており、

これだけでも十分に美味しいのですが、

実はこれだけでは淡路島バーガーの魅力を充分に堪能できていません。

 

西宮市の淡路島バーガーの淡路島産の食材と言うのは、

パテの美味しさを支える「玉ねぎ」などの野菜だけではなく、

「淡路島産 オニオンリング、淡路島産 平飼い卵」など、

単体には含まれない『トッピング』としても提供されていて、

これがまた美味しいのです。

 

せっかく淡路島バーガーを食べるなら、

美味しいトッピングもプラスして贅沢に食べたい!

 

なので私のおすすめのオーダーは全て盛り込んだ、

 

ポイント

淡路島バーガー Lサイズ

+ 手造りスモークベーコン

+ 淡路産 平飼い卵

+ 牧場しぼりたてチーズ

+ 淡路産 オニオンリング

の全部盛りがお勧めです。

 

ちなにみに、現在淡路島の「道の駅うずしお」などで販売されている、淡路島バーガーは2011年から販売されているとのことで、

淡路島バーガーの元祖は意外にも、今回紹介した西宮市のお店のようです。

 

現地の淡路島バーガーも、淡路島の食材が豊富に使用されていてとても美味しそうなので、

いつか食べてみたいですね。

 

以上、

ご訪問頂きありがとうございました。



-グルメ
-,

© 2021 かたぴノート Powered by AFFINGER5