ライフスタイル

散髪を美容院から『QBハウス』に変えて良かった件と上手な希望の伝え方

こんにちは。管理人のかたぴです。

 

私は学生のころから長年、美容院で散髪をしていました。

いつもカットしてくださる美容師さんの腕は素晴らしく、

とても信頼していたのですが、

その美容師さんが退職されてしまったので、

思い切って散髪を『QBハウス』に変えました。

 

わたしは美容院からQBハウスに変えてとても満足していますが、

実際に変えてみて良かった点・悪かった点について挙げていきます。

また、QBハウスでの上手な希望の伝え方をお教えします。

 

ココがポイント

1.とにかく料金が安い

2.とにかく時間が早い

3.意外と理容師さんの腕が良い

1.とにかく料金が安い

美容院に通っていた時、担当の美容師さんがトップまで上り詰めていましたので、

カットだけで5,000円近くかかっていました。

QBハウスでは1,200円

とても安くて助かってます。

 

2.とにかく時間が早い

美容院では、洗髪⇒カット⇒洗髪⇒ドライヤー⇒マッサージ・・・

と一時間弱くらいかかっていたでしょうか。

QBハウスでは10分!

洗髪、ドライヤー、などは無く、

切られた後の髪の毛はエアウォッシャーなる掃除機のようなもので吸い取ります。

早い。

 

3.意外と理容師さんの腕が良い

QBハウスの理容師さんは、

毎日毎日10分のカットで、もの凄い人数のお客を相手に仕事をされています。

凄い数の経験をされているからこそ、腕が良くなるのは当然だと思います。

 

ココに注意

1.理容師さんによって技術力のばらつきがある

2.担当の理容師さんは完全ランダム

3.美容院のようなサービスは一切ない

1.理容師さんによって技術力のばらつきがある

意外と理容師さんの腕が良いとはいえ、それぞれの方の技術力にはばらつきがあると思います。

そこは1,200円の格安サービスなので、不満は言ってられません。

 

2.担当の理容師さんは完全ランダム

理容師さんを指名することは出来ません。チケットを買って並んだ順に当たった理容師さんと一期一会です。

 

3.美容院のようなサービスは一切ない

洗髪、ドライヤー、マッサージのようなサービスは一切なしです。

もしかしたら、このさっぱりとしたシステムが逆に良いかもしれません。

 

ココがおすすめ

QBハウスで、ヘアスタイルの上手な希望の伝え方

わたしはこれまで、写真を見せたり、言葉で伝えたり、

色々とヘアスタイルの希望を伝えてみたのですが、

上手く伝わったり、伝わらなかったり、

なかなか満足いくことが少なかったです。

これは、担当の理容師さんが毎回変わるQBハウスならではの弱点なのです。

 

そこで、これまでの経験からどんな理容師さんに当たっても、

ある程度満足いくヘアスタイルの注文方法を考えました。

 

理容師さんに初めに必ず聞かれる点が、

「後頭部の髪の長さ」

「耳周辺の髪の長さ」

なのです。

この点を明確に伝えられたら、上手にカットしてもらえます。

 

私の場合はこの3点を伝えます。

もっと詳しく

「後頭部は刈り上げない程度に短く」

「耳は出す」

あとは「全体に合うようにカット

 

後頭部の髪の長さは必ず最初に聞かれます。

私はバリカンが嫌なので、ハサミで短くカットしてもらいます。

刈り上げて欲しい方は、「バリカンで9mm」(確か3mm刻みで注文できます)

などの伝え方が良いかと思います。

 

後頭部を「刈り上げない程度に短くカット」と言うと、

次に「耳を出すか出さないか」聞かれます。

 

その後の前頭部を聞かれたときに、

「全体に合うようにカット」

と伝えます。

 

上記のように伝えると、

理容師さんはプロなのでとてもバランスよい仕上がりにカットしてくれます。

 

要するに、色々と細かく注文しすぎると、理容師さんも注文に忠実にカットしようとして、

ヘンテコなバランスに成りがちなのです。

 

自分のことをよく知ってくれた理容師さんであれば問題ないのですが、

QBハウスの理容師さんとはいつも一期一会なのです。

 

なので、

全体のバランスは理容師さんの技術力に任せてしまいましょう。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

ご訪問頂きありがとうございました。



-ライフスタイル
-,

© 2021 かたぴノート Powered by AFFINGER5