健康

何かを理由にして諦めていませんか?

今日川沿いの道を自転車で通っていたら、

やんちゃそうな男の子三人が

川の中を上流に向かって歩いてました。

 

私も子供のころはよく川遊びをしました。

小さいころの冒険って、いつまでたっても覚えているものです。

 

若いころは何も意識せずとも日々成長を実感できたものも、

年齢を重ねるうちに出来ないことも増えてきて

何かと諦めがちになると思うのです。

 

あるとき年配の人が、

もうこの年になったら骨は丈夫にはならないと、

諦めるように言っていました。

 

本当にそうでしょうか?

スポンサーリンク

 

確かに骨密度は30才頃をピークに減少していくようです。

しかし骨に限らず人間の細胞は日々古いものは壊され、

新しい細胞に入れ替わっていきます。

今日自分の体にある骨は、3~4ヶ月後には

まったく新しい細胞と入れ替わっているのです。

 

要するに30才頃までは、

骨を壊す作業よりも

新たに骨を作る作業のほうが活発なため

骨は丈夫になっていきます。

 

骨の作業の力は30才頃をピークに逆転してしまうため、

加齢とともに骨密度は減少に転じてしまいます。

 

ところで骨を丈夫にするためには

カルシウムなどを十分に摂取できるバランスの良い食生活と

適度な運動が大事だというのは

よく知られていますよね。

 

この食事と運動による骨の強化に年齢の限界はありません。

 

どういうことでしょうか?

 

この場合の強化の意味は、

今現在の自分よりも

10年、20年後の骨を強くするという意味ではなく、

何も努力しないまま10年、20年後を迎えた時の自分と

努力し続けた10年後、20年後の自分と比べる

ということです。

 

こう考えると必ず何歳になっても

成果があることが分かりますよね。

 

何事も努力し続ければ

誰でも

何歳からでも

必ず成長できるはずです。

 

それを何かと理由を探して諦めてしまっては、

もったいないですよね。

スポンサーリンク




-健康
-,

© 2021 かたぴノート Powered by AFFINGER5